嫌な足の臭いの原因と対策

足の臭いは、酷くなると数メートル離れた場所でも臭いが分かる程に強烈な悪臭を放つようになります。足の臭いのレベルとしては、別の部位の臭いよりもかなり高いと言えるでしょう。

そんな足の臭いは改善が手ごわそうに思えますが、実は適切な対策をすれば他の臭いよりも改善は難しくありません。足の臭いを防ぐための対策をしっかりと行って気になる臭いとお別れしましょう。

足の臭い対策を行うには、まずどうして足があんなにも臭くなってしまうのかその原因を知る必要があります。臭いの多くは、足の普段の環境に原因があるのです。

脇などから発せられるいわゆる体臭は、体質的なものが原因の多くを占めていますが、足の場合は日中の靴の中の環境によって発生します。
通気性の悪い靴を履いていたり、長時間靴を履きっぱなしであったり、蒸れやすい靴下やストッキングを着用することで、靴の中が菌が増殖しやすい環境になり最終的に強烈な悪臭が発生するのです。

つまり普段の靴の中の環境を改善して、常に足を清潔に保つ事が出来れば足の臭いも自ずと改善されます。そのためには、まず出来るだけ靴を履いている時間を短くする事、もしくは通気性が良く中に湿気がこもらない工夫がされた靴を選ぶ事が大切です。

また、いくら足を清潔に保っても、靴の衛生状況が悪くては意味がありません。
同じ靴を連続して履かないようにする、靴は天日干しするなどして毎日清潔な靴を履くようにしなければいけません。

靴だけではなく、靴下やストッキングにも気を配り化学繊維素材のものは避けて、コットンやシルクといった素材の物を履くとより蒸れが改善されやすくなります。
もちろん毎日足を洗って清潔にする事も大切ですが、一番は日中の環境を整えることです。

足の臭いは、精神的なことや食事などはあまり関係がないので、上記の事柄を実行すればその日のうちに臭いが気にならなくなる事もあります。
もしそれでも臭いが気になる場合には、水虫などを患っている可能性もあるので、一度皮膚科を受診する事がおすすめです。

2015年5月5日 嫌な足の臭いの原因と対策 はコメントを受け付けていません。 足の臭いについて