かなり気になる足のニオイ。水虫にも注意。

ワキガや体臭には気を付けていても、足のニオイが気になってしまうことがあります。
長時間通気性のあまり良くない靴を履いていると、どんなに気を付けていても、足は蒸れてきてしまいます。

そのため、靴下を履いて、足の汗を吸い取るようにするのですが、靴を脱ぐとどうしても足のニオイがしてしまいます。その原因は靴下に付着した足の汗のニオイが繁殖して雑菌となり、嫌なニオイを発するようです。

これを防ぐにはなるべく通気性の良い靴を履くか、こまめに靴下を取りかえるなどの対策が必要です。特に長靴などは蒸れやすく、それが原因で水虫などが発症してしまうことがあります。

靴下でも5本指のものが販売されています。
これを履くと、それぞれの足の指の間に汗などが溜まらなくなり、ほどよく靴下が吸水してくれます。このため足の蒸れを防いで水虫などになりにくくなるようです。

しかし、夏場などに長靴を履いているとかなりの足の蒸れになってしまいます。当然足はものすごく臭くなってしまいます。

水虫は24時間以上経たないと発生しないと言われています。水虫にならないためにも、毎日足を石鹸で洗うように心がけたいものです。

また、水虫は人に感染しまいます。水虫を持っている人がいたら、その人の履いたスリッパや長靴などは履かないように気を付けるようにしましょう。

足のニオイを防ぐ方法は、汗自体を臭くしないようにすることも大切です。ニオイのキツイものを食べないようにしたり、アルコールを飲みすぎないように注意しましょう。

食べたものや飲んだものが汗となってニオイと一緒に出てきます。そのため、汗が臭いと、靴下のニオイと重なってかなり強烈なニオイになってしまいます。

また、エチケットとして、なるべく人前に足をさらけ出さないように、注意したいものです。ニオイがきつすぎると、中にはそれで体調を崩してしまう人もいます。

一緒にいる人が不快な思いをしないようにするためにも、足のニオイには十分に気を付けたいものです。

2015年4月6日 かなり気になる足のニオイ。水虫にも注意。 はコメントを受け付けていません。 足の臭いについて